クリスマスシュトーレン



シュトーレンとは

クリスマスまでに少しずつ食べていく

ドイツの伝統的な発酵焼き菓子です。

焼き上げてから時間が経つほど熟成されて

とても味わい深くなっていきます。

クリスマスを楽しみに

コーヒーや紅茶、ワインなどと一緒に

楽しめます。


12月のメニューでご予約頂けます!!
スポンサーサイト

さつまいもとりんごのディップ

ミルクティーと一緒に…。



さつまいもとりんごのディップ

 ・材料
   さつまいも 1本(300g)
   りんご   1個(200g)
   さとう    60g
   レモン汁  大さじ2
   シナモンパウダー 小さじ1/2

 ・作り方
   1.さつまいもは蒸かしてボウルに移してつぶします
   2.さいの目に切ったりんごと砂糖を鍋に入れ中火弱で煮詰めます
   3.りんごがしんなりしたらヘラでつぶして
     シナモンパウダーとレモン汁を入れ、火を止めます
   4.「1」と「3」を混ぜ合わせて完成です

  メモ:こんがりトーストしたパンにバターを溶かし、
     その上にたっぷりディップを乗せれば出来上がりです
     
     かんだ瞬間バターがじゅわーっとして、
     さつまいもの甘みとりんごの酸味が口いっぱいに広がって
     今の時期ならではの美味しさです。

ふたつの酵母

ざっくりとした素朴なハード系パンや

ふんわりもっちりとしたパン

それぞれのパンにそれぞれの風味、食感があります。

そして、ひとつの酵母を使いパン焼きをするなか思いました。

酵母にもそれぞれのパンに合うものがあると・・・

以前は、レーズンとヨーグルトから酵母を作っていました。

ちょっとやそっとじゃめげない心強い酵母で

ふんわりもっちりしたパンに合います。


今は、レーズンとお水から酵母を作っています。

とってもシンプルで勢いのある酵母で

ざっくりとした素朴なパンや、ドライフルーツのパンに合います。

ひとつの酵母にかたよる事なくこのふたつの酵母を使い分けて

それぞれのパンを焼いていこうと思います。



ただ今冷蔵庫では、レーズン酵母とヨーグルト酵母が

仲良くぷくぷくと眠っています。

朝ごはん

カンパーニュで

ねぎみそトーストと豚汁!

ご飯に合うねぎみそ

カンパーニュにもとっても合います。



ねぎとしょうがたっぷりのねぎみそ

 ・材料
   ねぎ    1本(あらみじん切り)
   しょうが  1片(みじん切り)
   とうがらし 1本(ピリ辛が苦手な場合は入れなくても良いです)
   油      適量
   かつおぶし 適量
   白ごま    適量

  A:あらかじめ合わせておくもの
   みそ    大1
   酒     大1
   みりん   大1
   しょう油  小1/2

 ・作り方
   1.フライパンに油をひいてしょうがを弱火で炒める
   2.しょうがの香りがしてきたら、ねぎ、唐辛子を入れ、
     中~弱火でじっくり炒める
   3.しんなりしてきたら、あらかじめ混ぜておいた「A」を入れ
     とろみがついたらかつおぶしと白ごまを入れる

  メモ:スライスしたカンパーニュにのせてトーストすれば
     ねぎみそトーストの出来上がり!!

キラキラの朝



パンのある食卓が

楽しく、豊かになるきっかけになってくれたら

うれしいなぁと思いまして...

わが家でのパンの食べ方や作り方など

少しづつのせていこうと思います。

集合写真



みんな集まって

ハイ、チーズ!!

お知らせ用のカードにしようと思います。

いちじく



いちじくでジャム作り



コトコトコトコト



ビンに詰めて



ベーグルと一緒に

黒ゴマさつまいもプチ



ほくほくの紅あずま

パン生地に黒ゴマと一緒に練りこんで

11月のメニューに入ります。